読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひもの厳選時事ネタ

話題のニュースを中心に取り扱っていこうと思います!

【必読】妊婦さんも、オウム病に気を付けて!

 どうも、ひもです!

土日はゆっくり休めましたか?

私は、両日ともアルバイトをしていました!

本日から、仕事や学校がスタートします。頑張っていきましょう!

 

今回、紹介するニュースは「日本初、オウム病による妊婦の死亡」です。 

非常に残念な記事ですね。

記事要約

鳥の糞を介して感染するオウム病に感染した妊婦が死亡したことが発覚しました。オウム病が原因で高齢者などが死亡するケースは以前から報告されるそうです。しかし、妊婦の死亡例は今回が初とのこと。今回の女性は、妊娠24週に発熱したため、入院しました。意識障害などがみられ、その後に死亡したそうです。死後に、女性の体内からオウム病の原因となる殺菌が検出されました。ただ日本ではこうしたケースは初めてであっただけで、海外ではオウム病による高齢者や妊婦の死亡例は報告されていました。

オウム病とは

 オウム病はオウム病クラミジアChlamydia psittaci 以下C. psittaci)による人獣共通感染症である。
 感染様式としては、病鳥の排泄物からのC. psittaci の吸入が主体であるが、口移しの給餌や噛まれて感染することもまれにある(図1)。飼育しているトリから複数の家族が同時に感染し発症する家族内発生も、ときに認められる。オウム病の潜伏期間は1~2週間で、急激な高熱と咳嗽で発症する。軽症の気道感染から、肺炎や髄膜炎までの多様な病態を含む。市中肺炎における頻度はさほど高くはないが、中等症までの非定型肺炎と原因菌不明の重症肺炎では、必ず鑑別に入れる必要がある。

引用元:IDWR「感染症の話

オウム病は「オウム」から由来してるらしいんですが、別にオウムに限らず他のトリからも感染するらしいです。そこら辺にいる沢山の鳩にも注意する必要がありそうですね。また、インコを飼っている人は少なくないはず!私の友達にも何人かインコを飼っている人がいました。気を付けてくださいね!

症状

オウム病の病型には、インフルエンザ様の症状を呈する異型肺炎、あるいは肺臓炎の型と、肺炎症状が顕著ではない敗血症様症状を呈する型とがある。高熱で突然発症する例が多く、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛、関節痛などがみられる。比較的徐脈、肝障害を示すことが多い。呼吸器症状としては、乾性あるいは湿性咳嗽がみられ、血痰、チアノーゼを認める重症例もある。病態は上気道炎や気管支炎程度の軽症例から肺炎まで様々であるが、特に初期治療が不適切でARDS や重症肺炎に至った場合、さらに髄膜炎、多臓器障害、ショック症状を呈し致死的な経過をとることもある。
 胸部理学所見は病変の程度により様々であり、胸部X 線所見もマイコプラズマ肺炎に類似し、オウム病に特有な所見はないとされる。検査所見では白血球数は正常で、CRP や赤沈は亢進する。中等度の肝機能異常をきたすことが多い。

引用元:IDWR「感染症の話

10日間前後潜伏し、その後、急に発症するらしい!

いきなり、高熱、頭痛、咳などが出始めたら、必ず病院へ行ってください!

予防

オウム病予防のためのワクチンは、開発されていないので、感染しているトリ類への接触には注意が必要です。愛玩鳥の全てがクラミジアに感染している訳ではありませんが、トリへの過度の接触をさけ、トリにストレスを与えないように飼育することが必要です。トリに触れたらよく手を洗うこと、部屋の掃除をこまめに行なうことや素手で糞に触れないことなどが、オウム病の感染予防ために大切なことです。

引用元:愛知県衛生研究所「オウム病

ワクチンないのか… ワクチンあっても、かからない保証はないんですがね。

やはり、どんな病気に対しても、基本的な「手洗い・うがい・部屋掃除などの清潔さを保つこと」をしなければなりませんね!

 最後に筆者から

風邪っぽい症状が出始めた時に、「普通の風邪だから大丈夫」とは思ってはいけません。なぜならば初期症状は、普通の風邪との鑑別をするのは困難と言われています。そのため、体調が悪くなったら病院に行きましょう。早期発見で、オウム病は治る病気です。この一歩で、死亡リスクを減らすことができます!

また、予防としてはマスクの着用もお勧めします。というのも、乾燥した糞を吸うことで感染することもあるからです。マスクを付けるだけで、リスクを減らせます!

特に、妊婦さん、今まで日本では起きていなかったですが今回起きたという事実に加え、海外ではすでに起きていると考えると「オウム病」は注意すべきです!さらに、妊婦さんの場合、お腹にいるお子さんにも影響が出ますので、より一層の注意を!

そして、トリに接触する機会がある皆さま、今一度注意を払ってください。